CATEGORY SEARCH

MORE SEARCH >>

RESULT

創作ルームシェア物語:2軒長屋の借家《藤枝貸家》(立川市栄町6) 満室 

最終更新:2007/01/16(Tue) 11:08:24(Data No. 22)




青春の1ページにふさわしい二軒長屋の借家ライフ



「チーッス。秋刀魚、買ってきたっス。先輩」
「おおサンキューな。今日は6人いるからなー。とりあえず焼けたらメシ」
「あれ、作ってんの先輩だけっスか? 女子たちは?」
「ああ、フロ入ってるよ。汚れて汗かいたってさ!」
「マジっすか?! ヤベー。覗きてぇ!」
「コロされるだろうけどな! 勇気があるなら覗け!」
「ジョーダンっすよ、先輩。それにしても料理、手際いいなぁー」
「お前、メシは鍋で炊くのが基本だぜ? まー慣れれば余裕よ」
「俺、先輩をヨメに欲しいッス」
「……つまんねぇこと言ってねぇでハシ出しな。茶碗もだよ。ちったぁ気ィ利かせろよ」
「ウィーッス。あ、ビールも買ってきたッス」

……よくある住宅地にある、長屋の右側、縁側つきの2DK。この家を僕らが創作のためにシェアしだしてから1年になる。

玄関を上がってすぐの台所には、廃品回収で手に入れた業務用のバカでかい冷蔵庫と、新婚家庭みたいな小さいテーブルと椅子。誰かが持ってきた茶箱の中に、茶碗と箸とおわんが6客ずつ入っていて。芋煮会で使うようなアルミ鍋のでかい奴があって。先輩愛用のでかい土鍋もあって。

奥には和室が2部屋。4畳半と6畳。布団が2組と臭いシュラフが3組。ブルーシートがかけられている部分には、製作途中の絵。基本的にここを使っているのは僕ら2人だけど、いつも倍ぐらい、誰かしら入り込んでいる…今日みたいに。

特に、タイル張りで広いお風呂が女の子たちに人気で(なにげにうれしい)、けど空気の中にバスクリンの匂いがこもると、なんだか田舎に帰ったような気がして、妙な気分になる。俺、今どこにいるんだろう?夕方、秋刀魚を焼く匂い、近所を走り回る子どもたちの声。庭先に咲いた背の高い葵のピンクが、空気に滲んで見える。夏ももうすぐ終わる。こんな毎日が人生のほんの一瞬のことだって、僕にだって分かる。でも僕は、「ここ」に在る今が好きだ。

to be continued...
      
物件情報
種別 賃貸・貸家  面積  
間取り 2K  構造 木造 
間取り詳細和室6帖/和室4.5帖/台所6帖  方位 南 
階建て 平家  築年月日 1991 
設備・環境 都市ガス・風呂・水洗トイレ・湯沸器・エアコン一基  駐車場(料) 5,000円/月 
所在地・アクセス
沿線 JR   立川駅 
バス・徒歩 JR中央線立川駅バス停徒歩1分  住所 立川市栄町6 
家賃・諸費用
賃料 55,000円   管理費・
共益費
2,000円 
礼金 1ヶ月  敷金 2ヶ月 
仲介料 1ヶ月  更新料 新賃料の1ヶ月分 
保険料 15,000円/2年  契約期間 2年 
備考
条件   入居時期  
 

 - AmigoDatabase